大阪女子的、マンネリ五月病対策!男ウケ抜群の「モテ資格」5選

5月病

国家資格だけでなく民間や新しいものまで含めると、現在日本には3000種類以上の資格があるそうです。資格を取るといろいろな効果がありますが、今回は男子へのインタビューをもとに、とったら「モテる」と判明したものを紹介します♪あなたも一日の空き時間に資格の勉強を始めてみませんか?目標ができるとやる気や生活にメリハリが出るので、五月病対策にもおすすめです!

1.究極の聞き上手をめざして

「すごく話を聞くのがうまい女子がいて、のちのち話を聞くと心理カウンセラーの資格を持っていた。『一緒にいると安心する』ってこういう子のこと言うのかって納得。目を引く美人なわけじゃないのに職場でモテモテの理由がわかりました」(28歳/公務員)

癒し系のリーダー格「聞き上手」を極めるなら心理系の資格があります。ただ、心理系の資格はとにかく受験の条件が厳しかったりお金もたくさんかかって大変なので、ちょっと手軽なものとして、「メンタルヘルスケア検定」「メンタルヘルス・マネジメント検定」などおすすめ。

2.お酒が好きなら

「合コンで出会った子で焼酎アドバイザーがいた。二十代前半でそんな資格持ってるの!?って大盛り上がり。僕もお酒が大好きなので、そのあとちょくちょく二人で飲みに行って、付き合うきっかけになった」(29歳/編集)

「酒好き」も立派なアイデンティティ。勉強はキライでも、自分の好きな分野なら楽しんで学べそうですね。「ワインエキスパート」「ビアテイスター」「きき酒師」などなど、お酒の種類と同じくらいアルコール系の資格も充実しています。「テキーラ・マエストロ」「中国酒類鑑定士」なんて珍しくて話のタネになりそう。

3.ビジネスマナーも身につく

「偶然かもしれないけど、社会人になって付き合った子はみんな秘書検定持ってた。なんとなく秘書検持ってる子は、基本的なマナーと向上心があって女の子らしいイメージ」(28歳/建設)

「秘書検定」はビジネス系の資格で一番親しみがあるものではないでしょうか?公的資格(国家試験に準じていて就職に有利)の割に合格率も高く、2級までなら手軽にとれるはず。「実用マナー検定」「ビジネス文書検定」などもいまさら聞けないビジネスの基本を学ぶことができます。テキパキ堂々と働くあなたを見たら、彼もグッときちゃうかも。

4.アウトドア系

「地元でBBQしたときにバーベキュー検定を持っている子がいてびっくりしたことがある。最高の焼き加減で肉や野菜を仕上げてくれて、後片付けも手際良いし、今までで一番楽しいBBQでした。それに、女子がキャミソールに短パンで豪快に肉を焼く姿に『たまんねえ~』と男たちは大絶賛(笑)」(25歳/広告代理店)

最近話題のバーベキュー検定。二時間ほどの講習には実食も含まれているようで、筆者も名前を聞いてからずっと興味があります。初級インストラクターなら10分ほどの筆記試験で資格を手に入れることができるそうです。アウトドア系の資格は元気な印象がありますね。似たもので「キャンプ・インストラクター」なんて資格もあります。

5.女子力アップをはかる

「同僚の女の子がフードコーディネーターの資格を持っていました。男兄弟らしくサバサバした性格の子でしたが、意外と家庭的なんだなって好印象。やっぱり料理上手に男は弱いですからね」(27歳/証券)

最近料理にこっているならそ料理系はいかがでしょう。最も女子力をアピールできる王道のモテ資格です。趣味と実益のバランスが良いためか、たくさんの種類があるので、自分に合いそうなものを選んでみましょう。「野菜ソムリエ」「フードアナリスト」「食育マイスター」などよく耳にしますが「カフェプランナー」などもおしゃれな響きです。

おわりに

魅力的な女性になるには自分の趣味を持つことが大切です。「資格」という目に見える目標があれば、もっともっと自分の世界を深められるはず。スポーツ、ガーデニングなど自分の好きなことから目指すもよし、「え!あの子船舶免許持ってるの!?」なんてギャップを狙うもよし。あなたも自分だけの「モテる資格」を探してみてくださいね☆

大阪ミナミ心斎橋難波・オススメ人気イベントスポットはコチラ↓
event