【なぜ?】女性が鼻を高くする “プチ整形” → 麻酔から覚めたら左目が失明 / 右目の視力も低下し回復の見込みはなし

鼻整形

人の顔は、ちょっと二重にしたり、ちょっと鼻を高くするだけでガラリと印象が変わる。それを可能にするのが美容整形であるが、なかでも通称「プチ整形」は、価格が安く、そして早くできることから世界中でトライしてみる女性が多い。

しかし、一般的にリスクが低いとされるプチ整形も100%安全でないということを知らしめる事件が起きてしまったそうだ。鼻を高くする手術をした女性の施術が失敗。なんと左目の視力を失い、右目もほとんど見えない状態に。回復の見込みはほとんどないというのだ。

・プチ整形後に片目の視力を失う

被害にあったのは、台湾に住む38歳の女性である。数カ月前、彼女は顔も脂肪除去と、鼻を高くする手術をしたそうだ。しかし、麻酔が覚めて後、体に異変が起こっていた。左目が全く見えなくなってしまったというのだ。

・回復の見込みはほぼなし

その後、別の病院で治療を受けたものの、左目の視力は回復せず。さらに右目の視力も悪化してしまったそうだ。回復の見込みはほとんどないという。鼻を高くするはずが、どうして失明の危機となってしまったのだろうか。

・後遺症の原因は?

彼女が受けたのは「レディエッセ」という施術である。これは、カルシウムハイドロキシアパタイトを主成分とするゲル状の充填剤で、鼻を高くしたり、深いシワの除去などに使われているそう。注射で注入するため、施術時間が短く、またヒアルロン酸注入より効果が持続すると言われている。

簡単そうに見えるが、成大医院・整形外科主任の李經維(り・けいい)医師によると、顔のプチ整形のうち充填剤の注入こそ注意が必要だという。「経験のある医師ならそのことはよくわかっているはず」とのこと。

というのも、目と鼻を結ぶ三角地帯は血管が密集しているそうだ。充填剤を誤って血管に注入してしまったら最後、それが血栓となって周囲の組織を死滅させてしまうのだそうだ。結果、失明や脳梗塞を引き起こしてしまう可能性があるというのだ。

・「プチ整形は安全に見えるが、後遺症の可能性あり」

この件に関し、整形外科医出身で、台南市衛生局長の林聖哲氏はこう話しているそうだ。「プチ整形は安全に思えますが、恐ろしい後遺症をもたらす可能性があります。やはり経験豊富で認められた医師を探すべきです」。

もちろん、有名な美容クリニックなどでは事故や後遺症がないように最善が尽くされているはずだ。しかし、プチ整形も体にメスや異物を入れる行為である。リスクはゼロではないことを、よく知っておく必要があるかもしれない。

おわりに

近頃急速に流行し、韓国の整形ブームも火付け役となりハードルが一気に下がって来た「プチ整形」ではありますが、記事の通り成功率はまだまだ100%ではないようです…。みなさん、もしプチ整形をすることがあっても、くれぐれも自己責任で!!取り返しはつきません。。。

大阪ミナミ心斎橋難波・オススメ人気イベントスポットはコチラ↓

event